自動車NOx・PM法 〜 エコカー

main_top_over_navi



自動車NOx・PM法

大都市地域における、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)による大気汚染の深刻化を受けて、政府は平成13年6月に、これまでの自動車NOx法を改正して、さらに規制を強化した自動車NOx・PM法を制定しました。
粒子状物質(PM)は、大気中に長期間留まり、高濃度で肺や気管に付着し、呼吸器系へ悪影響を与えるほか、発がん性のおそれが指摘されています。
窒素酸化物(NOx)は、高濃度で呼吸器系に悪影響を与えるほか、酸性雨や光化学オキシダントの原因物質となることがわかっています。
自動車NOx・PM法では、首都圏・大阪・愛知などの大気汚染の厳しい大都市を「対策地域」として定め、各種の政策を定め、大気汚染を改善する法律です。
各種政策とは、対策地域において登録している自動車で、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)の排出基準に適合しない自動車について、所有・使用を制限する車種規制や、一定規模以上の自動車運送業者などについて、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)の排出を抑制させる排出規制などです。
自動車NOx・PM法で定められている粒子状物質(PM)、窒素酸化物(NOx)の排出基準は、ディーゼル乗用車・トラックやバスの中量車・軽量車についてはガソリン自動車と同じ水準、それ以外のトラック・バスなどの重量車については平成10・11年ディーゼル自動車排出基準と同じ水準となっています。
排出基準に適合しない自動車は、平成14年10月1日以降、対策地域では登録できません。
自動車NOx・PM法に適合した自動車は、ステッカーの貼付が認められ、ステッカーを貼付することで、一般消費者の低排出ガス自動車への関心と理解を深めることができ、エコカーの普及活動となります。
また、自動車NOx・PM法は、地方での有料道路通行料のエコカー割引などの基準としても採用されています。


Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -