エコカー減税(環境対応車普及促進税制及び自動車グリーン税制) 〜 エコカー

main_top_over_navi



エコカー減税(環境対応車普及促進税制及び自動車グリーン税制)

平成21年4月に、エコカー減税(自動車グリーン税制における自動車重量税および自動車取得税の特例措置)が施行されました。
通常、自動車を購入する際には、車両取得額に対して5%の「自動車取得税」が課せられます。
また、自動車の重量に応じて「自動車重量税」が、自動車の排気量に応じて「自動車税」が、毎年課せられます。
エコカー減税では、エコカーを購入する時に課せられる「自動車取得税」と「自動車重量税」について減税対象としています。
エコカー減税の対象となる自動車は、自家用の自動車では、電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆をクリアした車両のみ)、
プラグインハイブリッド自動車、ハイブリッド自動車(平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆をクリア、且つ、平成22年燃費基準を+25%以上達成した車両のみ)、
クリーンディーゼル自動車(平成21年自動車排出ガス規制に適合している車両のみ)、平成22年燃費基準達成かつ平成17年低排出ガス認定の低公害自動車となっています。
「自動車取得税」と「自動車重量税」について100%免税が受けられる自動車は、電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車、ハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車となっています。
低燃費かつ低排出ガス認定の低公害自動車において、平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆かつ平成22年燃費基準+25%達成車は、75%の免税、平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆かつ平成22年燃費基準+20〜+15%達成車は、50%の免税となります。
以上の減税について、自動車取得税については、平成21年4月1日〜平成24年3月31日までの間の新車購入時に適用され、自動車重量税については、平成21年4月1日〜平成24年4月30日の間に、新車の新規検査や初回の継続検査などによる、自動車検査証の交付または返付を最初に受ける場合に適用されます。
また、現行の自動車グリーン税制における、エコカー対象の自動車税の減税(平成22年3月31日まで)についても、これらの特例措置と平行で実施されるため、平成21年4月1日〜平成22年3月31日の間に条件を満たしたエコカーを購入した場合は、自動車に課せられる消費税以外の全ての税金が減額される計算となります。


Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -