燃料電池自動車とは 〜 エコカー

main_top_over_navi



燃料電池自動車とは

燃料電池自動車とは、水素と酸素の化学反応によって発生する電気によってモーターを駆動させて走る自動車です。
燃料に水素を使用する場合は、排出されるのは水だけとなり、地球温暖化の原因となる二酸化炭素や大気汚染の原因となる有害物質は全く出ないため、究極のエコカーなどど言われています。
燃料に用いられる水素を得る方法に、直接水素を使用する、エタノールから水素を作り出す、ガソリンから水素を作り出す、という3つの方法があります。
直接水素を使用する場合は、走行時に二酸化炭素を出さず、排出されるのは水だけになるほか、ガソリン自動車と比較するとエネルギー効率が非常に高いというのが特徴です。
しかし、直接水素を補給するためには、水素ステーションのようなインフラ整備が必要となるほか、水素の貯蔵方法の選択などの課題があります。
エタノールやガソリンから水素を作り出す場合は、既存のガソリンスタンドなどの設備が利用できることや、燃料の取り扱いが容易であるといったメリットがあります。
しかし、燃料を改質して水素を取り出すシステムが必要になるほか、直接水素を使用するのに比べるとエネルギー効率が多少落ち、二酸化炭素や有害物質を微量に排出してしまうことになります。
また、燃料電池に2次電池やエンジンを追加したハイブリッド自動車の開発も進んでいます。
ハイブリッド方式では、回生ブレーキによるエネルギー回収を行うことにより、燃料電池のみの自動車に比べてさらにエネルギー効率を高めることに成功しています。


Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -