トヨタのエコカー 〜 エコカー

main_top_over_navi



トヨタのエコカー

トヨタは、世界で始めて、ハイブリッドカーの開発・量産を行った、日本を代表する自動車メーカーです。
トヨタが現在国内で販売を展開しているエコカーは、ハイブリッドカーを筆頭に、低燃費かつ低排出ガスの低公害車など、約30車種がそろっています。
まず、現在トヨタが販売している中でもっとも環境性能の高い種類の自動車は、ハイブリッドカーかつ平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆かつ平成22年度燃費基準+25%達成車です。
これに当てはまるのは、エスティマ ハイブリッド、クラウン ハイブリッド、ハリアー ハイブリッド、プリウスです。
これらは、環境対応車普及促進税制及び自動車グリーン税制によって、一定期間の間、新車購入時の自動車重量税と自動車取得税を100%免除されます。
次に環境性能の高い自動車は、平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆かつ平成22年度燃費基準+25%達成の低公害車です。
これらにはiQ、アルファード、ヴィッツ、ヴェルファイア、ヴォクシー、エスティマ、ノアがあり、環境対応車普及促進税制及びグリーン税制による免除率は75%となります。
次に環境性能の高い自動車は、平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆かつ平成22年度燃費基準+20%達成または+15%達成の低公害車です。
これらには、アイシス、アリオン、アルファード、ヴァンガード、ウィッシュ、ヴィッツ、ヴェルファイア、ヴォクシー、エスティマ、オーリス、カローラ フィールダー、カローラ ルミオン、シエンタ、ノア、パッソ、プレミオ、ベルタ、マークX ジオ、ラクティス、RAV4があり、環境対応車普及促進税制及びグリーン税制による免除率は50%となります。
また、トヨタは水素と酸素を反応させて発電して走行する燃料電池自動車の開発にも力を入れています。
燃料電池自動車は、排出するのは水だけという、究極のエコカーとして、注目を浴びています。


Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -