ホンダのエコカー 〜 エコカー

main_top_over_navi



ホンダのエコカー

環境に優しいハイブリッドカー開発に力を入れているホンダは、2009年に100万円台のハイブリッドカー「インサイト」を発表し、注目を集めています。
現在ホンダが販売を展開しているエコカーは、ハイブリッドカーのインサイトを中心として、12車種がそろっています。
ホンダの販売するハイブリッドカーは、インサイト、シビック ハイブリッドで、平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆かつ平成22年度燃費基準+25%達成しています。
インサイトとシビック ハイブリッドは、環境対応車普及促進税制及び自動車グリーン税制によって、一定期間の間、新車購入時の自動車重量税と自動車取得税を100%免除されます。
その他のホンダのエコカーでは、平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆かつ平成22年度燃費基準+25%達成の低公害車で、フィット、フリード、オデッセイが販売されています。
これらの自動車は、環境対応車普及促進税制及び自動車グリーン税制によって75%の免税となります。
ホンダのエコカーで次に環境性能の高い自動車は、フィットRS、クロスロード、パートナー、ステップワゴン、ステップワゴンスパーダ、エリシオン、エリシオン プレステージがあります。
これらは、平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆かつ平成22年度燃費基準+20%または+15%達成の低公害車で、環境対応車普及促進税制及び自動車グリーン税制によって50%の免税となります。
またホンダは、水素と酸素を反応させて発電して走る燃料電池自動車や、天然ガス自動車、電気自動車などの開発にも力を入れています。
燃料電池自動車は、排気ガスや二酸化炭素の排出がなく、排出するものは水だけという究極のエコカーと言われています。


Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -