マツダのエコカー 〜 エコカー

main_top_over_navi



マツダのエコカー

マツダが販売を展開するエコカーは、平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆かつ平成22年度燃費基準+15%〜+25%達成の低公害車です。
ビアンテ、デミオ、MPV、プレマシー、ベリーサ、AZ−ワゴン、AZ−ワゴン CUSTOM STYLE、キャロル、ファミリアバンがあります。
環境対応車普及促進税制及び自動車グリーン税制によって、一定期間の間、新車購入時の自動車重量税と自動車取得税が75%免税されるのは、デミオの1機種、MPVの2機種、AZ−ワゴンの1機種、AZ−ワゴン CUSTOM STYLEの1機種、キャロルの1機種、商用車のファミリアバンです。
環境対応車普及促進税制及び自動車グリーン税制によって50%の免税となるのは、ビアンテ、デミオの一部機種、MPV一部機種、プレマシー、ベリーサ、AZ−ワゴン一部機種、AZ−ワゴン CUSTOM STYLE一部機種、キャロルの1機種です。
免税額は、メーカーオプションの選択によって変わってきますので、新車購入時には注意が必要です。
また、マツダは国内で唯一、水素自動車の開発に力を入れています。
水素自動車は、水素を燃焼させて走る自動車で、電気モーターを積んだ電気自動車に比べてコストが安いのが利点です。
しかし、燃料である水素を供給するインフラの整備が不十分で、普及にはまだ時間がかかりそうです。
また、水素エンジンと電気モーターを搭載したハイブリッドカーや、ガソリンエンジンと電気モーターを搭載したハイブリッドカーの開発も進んでいます。


Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -