ハイブリッドカーとは 〜 エコカー

main_top_over_navi



ハイブリッドカーとは

ハイブリッドとは、英語で2つのものを組み合わせるという意味です。
ハイブリッドカーとは、別名ハイブリッド車とも呼ばれ、異なる2つ以上の動力源を持った自動車のことです。
ハイブリッドカーは、エコカーの一種で、限りある化石燃料の石油を大切に使うため、また地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の排出を減らすため、開発されました。
現在の自動車業界では、ガソリンで動くエンジンと、電気で動くモーターの2つを搭載した、化石燃料+電気を燃料としたハイブリッドカーが主流になっています。
二酸化炭素を排出するエンジンと二酸化炭素を排出しないモーターを交互に使い分けて自動車を走らせることで、エンジンだけを動力源とした自動車に比べて、消費するガソリンの量が少なくなり、二酸化炭素の排出量を大幅に削減することができます。
また、動力源を電気だけに絞った電気自動車が、エネルギーである電気の補給を、専用の充電スタンドのような新たな設備でなければ行えないのに対し、ハイブリッドカーは、全国各地に存在する従来のガソリンスタンドで今までと同じように燃料補給を行うことができます。
既存の施設を使用することができ、ガソリンの消費量と二酸化炭素の排出量、排気ガスの排出量を大幅に抑えた環境に優しいハイブリッドカーは、世界から高い注目を浴びています。


ハイブリッドカーは、発電と駆動の仕組みによって、「シリーズ方式」、「パラレル方式」、「スプリット方式」の3つに分けることができます。

シリーズ方式は、エンジンが発電、モーターが駆動を担当します。
エンジンは発電機を動かすだけで、その電気は大容量のバッテリーに貯められ、その電気によってモーターを動かして自動車を走らせます。
シリーズ方式は、電気自動車を開発する過程で生まれた仕組みです。
電気自動車の欠点である、エネルギー充電設備の確保の困難さと、長時間にわたる充電時間や、1回充電あたりの可能走行距離の短さ、などの問題点を、内部に発電機と大容量バッテリーを搭載することで解決しました。

パラレル方式は、エンジンとモーター双方を駆動のエネルギーとして使う方法です。
状況に応じて、エンジンとモーターを使い分け、燃費効率を上げ、排気ガスや二酸化炭素の排出を減らします。
エンジンの燃費効率の悪い低速時や発進時、急加速時などは、モーターが駆動を担当し、自動車を動かします。
一方、一定の速度に達してからは、エンジン駆動に切り替わり、エンジンが自動車を動かします。
パラレル方式における、モーターを動かす電気は、エンジンが自動車を加速させる間に同時に発電機も動かして電気エネルギーを貯める方法と、減速時の回生ブレーキを利用して発電し電気を貯める方法を組み合わせて、効率よく作り出しています。

スプリット方式は、パラレル方式に、バッテリー充電専用の発電機と、エンジンの動力分割機構を搭載させた方式です。
動力分割機構は、エンジンからの動力を発電機とモーターの動力に効率よく分配させるシステムで、エネルギー効率をアップさせる効果があります。

シリーズ方式 < パラレル方式 < スプリット方式 の順に、エネルギー効率は良くなっています。



Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -