クリーンディーゼル自動車とは 〜 エコカー

main_top_over_navi



クリーンディーゼル自動車とは

自動車は、エンジンの形式から、ガソリン自動車とディーゼル自動車に分かれています。
ガソリン自動車はガソリンを燃料として動き、ディーゼル自動車は軽油を燃料として動きます。
ガソリン自動車の排気ガスには、二酸化炭素が多く含まれるのに対し、ディーゼル自動車の排気ガスには、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)を多く排出する傾向があります。
この粒子状物質や窒素酸化物は、大気中に長時間浮遊し、人の気道または肺胞に沈着して健康上悪影響をもたらすことが問題とされていました。
また、窒素酸化物は酸性雨の原因となったり、粒子状物質に含まれるさまざまな成分は、大気汚染の原因となることも指摘されていました。
ディーゼルエンジンから排出される、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)を低減させる、排ガス後処理装置を取り付けた自動車のことを、クリーンディーゼル自動車といいます。
排ガス後処理装置には、フィルターで粒子状物質(PM)を捕集し、触媒の作用でフィルターを連続的に再生する「連続再生式DPF」や、排気ガス中の窒素酸化物(NOx)を還元して、無害の窒素ガス(N2)として排出する「NOx還元触媒」などがあります。
しかし、ディーゼル自動車の燃料である軽油に含まれる硫黄成分によって、排ガス後処理装置の触媒機能が劣化してしまうという課題も残されています。
硫黄成分を低減させた軽油の開発は、クリーンディーゼル自動車にとって緊急の課題となっています。

レーシック 

Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -