エコカーの排出ガス基準 〜 エコカー

main_top_over_navi



エコカーの排出ガス基準

自動車がエコカーかどうかを決定するためには、排出ガスの量、燃費の効率、粒子状物質(PM)の排出量の3つの基準によって判断されます。
排出ガスの基準は、平成17年に国土交通省によって制定された平成17年排出ガス基準(新長期規制)を用います。
従来の排出ガス基準(新短期規制値)について、乗用車、トラック、バスについての排出ガス基準を対象に新たに改正が行われ、世界一厳しい排出ガス規制になりました。
ガソリン乗用車についての平成17年排出ガス基準は、新しい測定基準に基づいて測定された排出ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)の規制値が0.05g/km、非メタン炭化水素(HC)の規制値が0.05g/kmとなっています。
この規制値は、従来の基準(新短期規制値)に比べて窒素酸化物(NOx)、非メタン炭化水素(HC)ともに55%の削減となっています。
トラック、バスなどのディーゼル重量車についての平成17年排出ガス基準は、新しい測定基準に基づいて測定された排出ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)の規制値が2.0g/km、粒子状物質(PM)の規制値が0.027g/kmとなっています。
この規制値によって、従来の基準に比べて、粒子状物質(PM)が85%、窒素酸化物(NOx)が40%、非メタン炭化水素(HC)が80%削減となっています。
対象となる自動車全てが、平成17年排出ガス基準に適合した自動車に買い替えられた場合、自動車から排出される粒子状物質(PM)の総排出量は約94%、窒素酸化物(NOx)の総排出量は約66%、非メタン炭化水素(HC)の総排出量は約93%削減される計算となります。
自動車グリーン税制によって免税が適用されるエコカーに認定されるためには、平成17年排出ガス基準75%低減レベル☆☆☆☆をクリアすることが必要となっています。
また、排出ガス基準に適合した自動車には、ステッカーの貼付が認められています。


Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -