エコカーの燃費基準 〜 エコカー

main_top_over_navi



エコカーの燃費基準

エコカーかどうかを決定するためには、省エネ法に基づいて定められている燃費基準値を元にして判断します。
国土交通省によって定められている燃費基準では、ガソリン自動車、ディーゼル自動車・貨物車について、車両重量ごとに10・15モード燃費として燃費目標基準値が設定されていて、この基準値を上回る自動車は低燃費車と認定されます。
ガソリン自動車には平成22年度燃費基準(2010年燃費基準)、ディーゼル自動車・貨物車については平成17年度燃費基準(2005年燃費基準)、重量車については平成27年度燃費基準(2015年燃費基準)を適用します。
自動車グリーン税制では、ガソリン自動車や、ハイブリッドカーなどの、ディーゼル自動車以外の自動車の場合、平成22年度燃費基準を燃費基準値として考えます。
自動車グリーン税制によって免税が適用されるエコカーに認定されるためには、ガソリン自動車は、平成22年度燃費基準により燃費基準+20%達成、または+10%達成することが必要となります。
また、燃費基準をクリアした自動車には、ステッカーの貼付が認められていて、ステッカーを貼付することで、燃費性能の高い自動車への一般の消費者の理解と関心を深め、エコカー普及活動の一つとなります。
国土交通省では、年一回「自動車燃費一覧」(冊子)の作成し、さらに国土交通省ホームページ上での燃費公表などを行って、燃費性能の高い車の普及活動を行っています。


Copyright © 2011 エコカー All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -